新型iPhone SE(第2世代)の画面サイズ・重さ・スペックを初代iPhone SEやiPhone8と徹底比較!買い替えがおすすめの人は?

新型iPhone SE(第2世代)が4月24日(金)に発売

ついに待望されていたiPhone SE(第2世代)が発表されました。

  • 4月24日(金)発売開始
  • 4月17日(金)の21:00から予約開始

カラーバリエーションは、ホワイト/ブラック/(PRODUCT)REDの3色で展開されます。

価格ラインナップは、

  • 64GB:4万4800円(税別)/ 4万9280円(税込)
  • 128GB:4万9800円(税別)/ 5万4780円(税込)
  • 256GB:6万800円(税別)/ 6万6880円(税込)

の3モデルとなっており、最も安い64GBモデルは税込み4万9280円と5万円を切る低価格設定となっています。

見た目や重さはiPhone 8と全く同じで、チップをA13 Bionicとした最先端性能の「iPhone 8」と言える仕上がりです。(比較表はこちら)

国内キャリアではドコモ、au、ソフトバンクから発売されます。

初代iPhone SEとは異なる高性能端末に

iPhone SE(第2世代)の最大の注目ポイントは、iPhone11にも搭載されている最先端のA13 Bionicチップが搭載されていることです。

そもそもA13 Bionicチップとは?

ここで簡単にA13 Bionicチップについて紹介します。

  • A13 BionicチップはiPhone 11シリーズに搭載されている最新のSoC(≒CPU)
  • Androidで例えるならSnapdragonやKirinといったパーツ
  • A13 Bionicチップはパソコン並みのスペックと言われている
  • Neural Engine(機械学習専用コア)が搭載されているためポートレート撮影が可能に
  • Androidの最新スマートフォン「Galaxy S10+」のSnapdragon 855を超えるスペック
  • 処理能力と消費電力の少なさが特徴

このように、A13 Bionicチップは価格が10万円を超える高級スマートフォンに搭載されている、最新鋭のチップになります。このチップがiPhone SEに搭載されることに驚きの声が多数あがっています。

まとめ

A13 Bionicチップは最先端&超高性能のチップ!

iPhone SE(第2世代)と初代iPhone SEを徹底比較

iPhone SE(第2世代)と初代iPhone SEの違いをチェックしていきましょう。

画面サイズが大きくなりました
iPhone SE(第2世代)初代iPhone SE 
ディスプレイ4.7インチ4インチ
ホームボタンありあり
カメラシングル12MPカメラ(広角)シングル12MPカメラ(広角)
Touch IDありあり
Face IDなしなし
耐水性能あり(IP67等級)なし
解像度1334 x 750ピクセル:326ppi1136 x 640ピクセル:326ppi
重量148 g113 g
チップA13 BionicチップA9チップ
FeliCa対応ありなし
ワイヤレス充電対応非対応
バッテリー容量1821mAh1624mAh
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)nano-SIM
イヤホンジャックなしあり
iPhone SE(第2世代)と初代iPhone SE 比較表

【ポイント】iPhone SE(第2世代)と初代iPhone SEの違い

  • ディスプレイがやや大きくなった:4インチ→4.7インチ
  • 重量が重くなっている:35g増加
  • FeliCaに対応:Suicaが使えるようになった
  • イヤホンジャックがなくなった
  • 耐水性能がついた:最大水深1メートルで最大30分間

iPhone SE(第2世代)とiPhone8を徹底比較

iPhone SE(第2世代)とiPhone8の違いをチェックしていきましょう。

見た目もそっくりです
iPhone SE(第2世代)iPhone8
ディスプレイ4.7インチ4.7インチ
ホームボタンありあり
カメラシングル12MPカメラ(広角)シングル12MPカメラ(広角)
Touch IDありあり
Face IDなしなし
耐水性能あり(IP67等級)あり(IP67等級)
解像度1334 x 750ピクセル:326ppi1334 x 750ピクセル:326ppi
重量148 g148 g
チップA13 BionicチップA11 Bionicチップ
RAM3GB2GB
FeliCa対応ありあり
バッテリー容量1821mAh1821mAh
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)nano-SIM
イヤホンジャックなしなし
iPhone SE(第2世代)とiPhone 8 比較表

【ポイント】iPhone SE(第2世代)とiPhone 8の違い

  • iPhone 8のパーツを流用しているため変更点はほぼない
  • 最新のチップを搭載:A11 Bionic→A13 Bionic
  • RAM容量が増加:2GB→3GB
  • デュアルSIMに対応
  • iPhone 8はアップル公式サイトで販売終了

iPhone SE(第2世代)の情報まとめ

これらの情報からiPhone SE(第2世代)の購入をおすすめ方をまとめました。

いま使っている機種買替えおすすめ度
iPhone11 Pro Max | 2019年発売
iPhone11 Pro | 2019年発売
iPhone11 | 2019年発売
iPhone XR | 2018年発売☆☆
iPhone XS Max | 2018年発売
iPhone XS | 2018年発売
iPhone X | 2017年発売☆☆
iPhone 8 Plus | 2017年発売☆☆☆
iPhone 8 | 2017年発売☆☆☆
iPhone 7 Plus | 2016年発売☆☆☆☆☆
iPhone 7 | 2016年発売☆☆☆☆☆
iPhone SE | 2016年発売☆☆☆☆☆
iPhone 6s Plus | 2015年発売☆☆☆☆☆
iPhone 6s | 2015年発売☆☆☆☆☆
iPhone 6 Plus | 2014発売☆☆☆☆☆
iPhone 6 | 2014発売☆☆☆☆☆
iPhone 5s | 2013年発売☆☆☆☆☆
iPhone 5C | 2013年発売☆☆☆☆☆
iPhone 5 | 2012年発売☆☆☆☆☆
iPhone 4s | 2011年発売☆☆☆☆☆
iPhone 4 | 2010年発売☆☆☆☆☆
iPhone 7以前の機種からの買替えは超おすすめ

iPhone SE(第2世代)は、「最新のチップを搭載したiPhone 8」という位置づけです。

そのためiPhone 8より古い機種を使用している方の買い替えは超おすすめです。

一方すでにiPhone 8以降の端末を使用している場合、メリットはチップ性能の向上のみとなります。

これまで初代iPhone SEを使用していた方や、価格の安いiPhoneを買いたいという方には間違いない選択肢となっているため、この機会にiPhone SE(第2世代)に買替えてみてはいかがでしょうか?

※ツイッターの反応

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です