U-NEXTのメリット・デメリット、月額料金(会費)を徹底解説!おすすめ作品や解約方法も紹介

インターネットで映画を楽しむことが当たり前の時代。皆さんのなかにも、定額制動画配信サービス(VOD)を利用している方は多いのではないでしょうか。

今回は、そんなVODのなかでも特に人気の高いサービス「U-NEXT」について紹介します。最近はテレビCMも放映されており、もはや知らない人はいないサービスと言えるかもしれません。

U-NEXTの最大の特徴は「見放題作品数No.1」でしょう。とはいえ、メリットはそれだけではありません。

ここでは、いま加入を検討している方や、他のサービスからの乗り換えを考えている方に向けて、U-NEXTの特徴やメリット・デメリット、料金について徹底解説します。

最後にはU-NEXTで観られるオススメ作品も取り上げているので、気になる方はぜひ読んでみてください。

メディ

メディ

圧倒的作品数を誇るU-NEXTの魅力を詳しく紹介します!

U-NEXTとは?

国内大手の動画配信サービス「U-NEXT」が誕生したのは2007年。業界のなかでもかなり老舗のサービスといえます。

もともとU-NEXTは、音楽配信で知られるUSENの子会社によって運営されていました。その後スマートフォンの普及とともに急成長を遂げ、現在では逆にUSENを合併する形で事業を展開しています。

2019年の調査によると、U-NEXTの国内シェアは第4位。これはAmazonプライム・ビデオに次ぐ順位であり、国内発のサービスとしては最も高いシェアを誇っています。

U-NEXTのメリット

それでは、ここからU-NEXTの具体的な特徴を見ていきましょう。他のサービスとの比較もしながら、どんな人がU-NEXTに向いているのかを解説します。

見放題作品数が業界No.1!

最大のセールスポイントとも言えるのが、その圧倒的な見放題作品数です。2019年12月の時点で、その数は14万本。さらに有料のレンタル作品も含めると、総数は17万本に上ると発表されています。

これはほかのVODサービスと比べても圧倒的な作品数です。

動画配信サービス配信作品数
U-NEXT 約170,000本
dTV 約120,000本
Hulu約50,000本
Netflix約10,000本
Amazon Prime Video約64,000本
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: fod-1.jpgFODプレミアム 約20,000本
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dアニメ-1.jpgdアニメストア 約38,000本
国内動画配信サービスの作品数の比較

実際のラインナップを見てみると、確かに様々な作品が揃っています。特に映画に関しては、過去の名作から最新作にいたるまで並んでおり、映画通もきっと満足できることでしょう。

また、ジャンルに極端な偏りがないこともU-NEXTの特徴です。国内発のサービスである強みを活かして、邦画や国内ドラマ、アニメも非常に充実しています。他にもバラエティやアダルト作品なども観ることができ、ジャンルに死角はありません。

漫画や雑誌のコンテンツも豊富

U-NEXTの大きな特徴として、動画作品だけではなく、雑誌や漫画などの電子書籍もラインナップされていることが挙げられます。

雑誌は70誌以上が読み放題で、追加料金は一切かかりません。一方の漫画は、実に26万作品以上が豊富に取り揃えられてあります。その多くは有料ですが、後述するポイントサービスを活用すれば、お得に購入することができるでしょう。

その他に特筆すべき点として、U-NEXTではライトノベルや一般書籍も扱われています。こちらも場合によっては書店やAmazonより安く購入できるため、読書が好きな方にはぜひ利用してほしいサービスです。

読み放題雑誌の一例
  • Seventeen
  • FINE BOYS
  • GetNavis
  • 週刊プレイボーイ

毎月1,200円分のポイント付与

こうした電子書籍や、一部の有料レンタル作品に使用できるのが、毎月もらえるU-NEXTポイント(1,200円分)です。

U-NEXTでは最新映画がレンタルと同時に配信されたり、場合によってはレンタルに先行して配信されることがあります。

その場合、視聴するためには約500円のレンタル料金がかかってしまいます。U-NEXTポイントを使えば、毎月2本程度なら実質無料で観ることができるでしょう。

「最新作は映画館で観たい」という方に朗報なのですが、このU-NEXTポイントは映画館の割引クーポンとしても使うことができます。対象となるのはイオンシネマや109シネマなどの一部映画館ですが、通常料金で観るより圧倒的にお得です。

家族でも複数端末で利用可能

意外と見落とされがちな点なのですが、U-NEXTは家族利用にも適しています。というのも、U-NEXTはファミリーアカウントを設定することによって、家族間でサービスをシェアすることができるからです。

具体的に言うと、U-NEXTでは1つの契約に対して、最大4つまでアカウントを分割することが可能です。さらに、それぞれのアカウントでの同時再生にも対応。たとえば「お母さんがPCでドラマ鑑賞している隣で、子どもがスマホでアニメ鑑賞」といった使い方をすることができます。

さらに、アカウントごとに利用制限の設定をすることができるため、子どもが有害コンテンツを観たり、勝手にレンタルを購入してしたりすることも防げます。

U-NEXTのデメリット

数多くのメリットがあるU-NEXTですが、それでも万人におすすめできるわけではありません。ここでは考えられるデメリットについて解説します。

料金設定が比較的高い

詳細は後述しますが、U-NEXTの月額料金は1,990円(税抜)。これは他の動画配信サービスと比べても、かなり強気の価格設定といえます。

動画配信サービス料金
U-NEXT 1980円(税抜)
dTV 500円(税抜)
Hulu933円(税抜)
Netflix1450円(税抜)
Amazon Prime Video年間4900円(税込)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: fod-1.jpgFODプレミアム 888円(税抜)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dアニメ-1.jpgdアニメストア 400円(税抜)
国内動画配信サービスの料金の比較

ただし、この料金のなかにはポイント付与や雑誌読み放題サービスなども含まれています。特定の映画やドラマを楽しむというよりは、エンタメを幅広く楽しむことを目的としたサービスのため、多少コストがかかってしまうのは仕方ないともいえます。

もちろん、見放題作品数は他のサービスを圧倒しており、特に映画に関しては、U-NEXTだけで大半の作品をカバーすることができます。それでも決まった作品しか観ない、どうしても料金を安く抑えたい方には、他のサービスをおすすめします。

オリジナル作品がほとんどない

AmazonプライムビデオやNetflixなどの動画配信サービスは、そこでしか観ることができないオリジナル作品を数多く配信しています。ドラマやバラエティなど、いずれも個性的な作品ばかりで、このオリジナル作品を目当てに利用する方も少なくないはずです。

その観点からすると、U-NEXTにはオリジナル作品がほとんどありません。どちらかと言えば、見放題作品数や配信開始の早さを売りにしているようです。どうしても観たい作品がなければ、他のサービスを検討するようにしましょう。

一部に有料コンテンツがある

NetflixやHuluのサービスはすべてのコンテンツが完全見放題ですが、U-NEXTは有料コンテンツも相当数あります。すべての作品が見放題だと思って加入すると、期待を裏切られてしまうかもしれません。

有料作品はサムネイルの右上に「P」のマークが付いており、購入前には確認画面があるため、間違えて料金を払う心配はないでしょう。もちろん、メリットの項目で紹介したU-NEXTポイントを活用すれば、こうした作品も実質無料で鑑賞することができます。

どうしても有料コンテンツが不要という方を除けば、有料とはいえ良質な最新作が揃っていることはメリットであるとも言えます。

U-NEXTの料金体系は?

ここからは、U-NEXTの料金体系について見ていきましょう。合わせて無料トライアルの紹介もしています。

月額料金は1,990円(税抜)

上の項目でも少し触れましたが、U-NEXTの月額料金は1,990円(税抜)です。これは税込みだと2,149円の計算になります。

他のサービスと比較してみると、たとえばNetflixのベーシックプランは月額800円、Huluは月額933円、dTVは500円(いずれも税抜)です。こうして並べてみると、やはりU-NEXTは業界のなかでも高めの料金設定といえるでしょう。

とはいえ、豊富なサービスを考えればその金額にも納得できます。一応、U-NEXT側の説明としては、「ビデオ見放題」のサービス料金だけで990円とのこと。そこに「雑誌読み放題」500円と、「毎月の1200ポイント」500円が加算され、総額1,990円になるという計算方式のようです。

たしかに、U-NEXTひとつで他のサービスに加入しなくて済むと考えれば、1,990円はむしろお得と言えるかもしれません。

まずは無料トライアルから

ここまで読んで少しでも気になったのであれば、ぜひ無料トライアルへの登録をおすすめします。31日間、通常のサービスと同様に見放題コンテンツを楽しむことが可能です。

さらに、加入時には600円分のU-NEXTポイントがプレゼントされます。これは有料レンタル作品1本分に相当するため、ぜひ最新作の鑑賞に利用してみましょう。

注意点として、無料トライアルにもクレジットカード情報の登録が必要です。

U-NEXTの解約の仕方

無料トライアル期間が終了すると、自動的に課金が始まってしまいます。もしもサービスの利用を希望しない場合は、忘れる前に解約の手続きをしましょう。

手続き自体はすぐに終わりますが、少し分かりづらいかもしれません。以下で具体的な解約方法を解説します。

  1. ブラウザから、U-NEXTにログインします。
  1. メニューから「設定・サポート」を選択し、最下部にある「契約内容の確認・変更」を選択します。
  1. 利用中のサービスが表示されるため、「月額プラン」から「解約はこちら」を選択します。
  1. 解約前の案内が表示されます(解約した時点で、見放題の作品が視聴できなくなります)。問題がなければ「次へ」を選択し、アンケートに回答します。
  1. 解約時の注意事項に目を通し、問題がなければ「同意する」にチェック。最後に「解約する」を選択します。

以上で解約手続きは終了です。

U-NEXTで観られるおすすめ作品

最後に、U-NEXTで観ることができるオススメの作品を紹介します。まずは無料トライアルに登録して、ラインナップや使い勝手を確かめてみてください。

おすすめ洋画:『ワイルド・スピード』

U-NEXTなら、大人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズをまとめて鑑賞することができます。2001年の記念すべき第1作は、ロサンゼルスを舞台に白熱のレースが繰り広げられる物語です。

主人公はポール・ウォーカー演じる潜入警察官・ブライアンと、ヴィン・ディーゼル演じるレーサー・ドミニクの二人。レースに関しては好敵手でもある二人がタッグを組み、貨物トラック襲撃事件の犯人を追います。

その後も数多くの続編が作られていますが、やはり第一作の人気は不動のようです。

メディ

メディ

レースものかと思ったらミニガンぶっ放したりする燃えるアクション映画です!

おすすめ邦画:『君の膵臓をたべたい』

2017年に公開された感動のラブストーリー。原作は住野よるによるベストセラー小説です。

主人公の「僕」はある日、クラスメイトである山内咲良の日記帳を拾います。そこには彼女が膵臓の病気を患っており、余命いくばくもないことが記されていました。

こうして咲良の秘密を知ってしまった「僕」は、彼女と少しづつ距離を縮めていくのですが……。衝撃の展開とともにタイトルの意味が明らかにされ、観る者すべてに大きな感動を与えます。

メディ

メディ

浜辺美波の圧倒的なかわいさ!!!

おすすめアニメ:『鬼滅の刃』

最新アニメ『鬼滅の刃』もU-NEXTなら見放題です。原作は週刊少年ジャンプで連載中のダーク・ファンタジー。大正時代を舞台に、家族を「鬼」に殺された主人公・炭治郎の旅を描きます。

和のテイストが光る世界観に、単なる勧善懲悪には収まらない物語が魅力のアニメ。2019年に放送されて大きな話題となり、2020年には劇場版の公開も控えています。

ちなみに、U-NEXTには原作コミックも有料配信されています。気になった方は、ポイントを活用して読んではいかがでしょうか。

メディ

メディ

映画レベルの作画の美しさで描かれる魅力的なキャラクターたちが織りなすダークファンタジー!

おすすめドラマ:『ウォーキング・デッド』

海外ドラマ『ウォーキング・デッド』も最新シーズンまですべて見放題です。荒廃した世界で、人間とゾンビの果てなき戦いを描く物語。製作には『ショーシャンクの空に』のフランク・ダラボンが携わっています。

迫りくるゾンビの恐怖はもちろんのこと、生き残った人間たちが極限状態に置かれ、次第に理性を失っていく様子もリアルに描かれます。中心グループのリーダーで保安官のリックや、クロスボウでゾンビと戦う屈強な男ダリル、日本刀を振り回す黒人女性のミショーンなど、強烈な個性を放っているキャストにも注目です。

メディ

メディ

迫りくるゾンビから逃げながらのサバイバルは見ごたえがあります!

U-NEXTのメリット・デメリット徹底解説まとめ

U-NEXTはこんな人におすすめ
  • できるだけたくさんの作品を見たい
  • 最新作をすぐに見たい
  • 動画だけじゃなくて雑誌やマンガも楽しみたい
  • 家族みんなで使いたい

今回は動画配信サービス「U-NEXT」を徹底解説しました。

映画やドラマ、アニメなど、古今東西の作品が見放題のU-NEXT。さらに電子書籍も読むことができるため、総合的にエンタメを楽しみたい方には最適のサービスといえます。

また、ファミリー利用ができることも魅力的なポイント。月額1,990円は少し高めですが、家族4人で利用すれば一人あたり約500円の計算です。

コストパフォーマンスに優れたサービスであることは間違いないので、ぜひ無料トライアルへ加入してみてはいかがでしょうか。

関連記事

2 件のコメント