テレワークにおすすめのヘッドセット|イヤホンとヘッドホンの違いなど選び方も解説

会社から「テレワークを始めます!」と言われたけど家に音声通話環境がない、という人もたくさんいると思います。

普段からパソコンで通話している人でもないとヘッドセットなんて持っていないし、どれを選べばいいかもわかりませんよね。

そんな人のために現役でテレワークを行っている私がテレワークにおすすめのヘッドセットを紹介します!

https://yowabi.com/wp-content/uploads/2018/01/w_negi.png

テレワークに使うヘッドセットを選ぶコツも解説しているので参考にしてみてください

なぜヘッドセットが必用か

テレワークでは必要に応じて音声通話ツールを使って打ち合わせを行うことになります。

https://yowabi.com/wp-content/uploads/2020/04/business_man2_4_think-1-e1586423274584.png

ノートパソコンにスピーカーがついてるし、マイクがあればいいんじゃない?

と思うかもしれませんが、高級マイクでもない限りスピーカーから出る相手の音声を拾ってしまって反響音が入ってしまいます。

聞いてる相手からすると声が聞き取りづらく不快なので、音声通話ツールでの打ち合わせの際はイヤホンやヘッドホンなどを繋ぎましょう。

そして当然ですが、通話をするためにはマイクも必要です。

ヘッドセットはマイクとヘッドホン両方を買い揃えるよりもコスパが高く、PCでの音声通話に慣れていなくてもマイクとの距離を一定に保てるメリットがあるのです。

また、マイクの場合は置く場所が必要ですが、ヘッドセットは頭につけるだけなので家の作業環境が狭い人でも問題なく使用することができます。

テレワークで音声通話ツールを使った打ち合わせを行うならヘッドセットは必須のアイテムといえるでしょう。

まとめ
  • ヘッドセットはマイクとヘッドホンを買い揃えるより安い
  • マイクとの距離を常に一定に保てるため音量が安定する
  • 自宅の作業環境が狭くても使える

ヘッドセットの選び方のコツ

ヘッドセットは使ったことがない人にとっては違いがわかりにくい製品です。

まずはヘッドセットを選ぶ時のポイントをわかりやすく紹介します。

邪魔にならない無線タイプがおすすめ

ヘッドセットにはPCと直接つなぐ有線タイプとBluetoothなどでつなぐ無線タイプがあります。

テレワークで使用するなら無線タイプが圧倒的におすすめです。

家での作業といっても飲み物を取りに行ったり、書類を探したりとデスクから立ち上がるタイミングは意外に多いです。

そんな時無線接続のヘッドセットなら邪魔にならずつけたまま動けるので非常に便利です。

有線タイプは作業中でもケーブルがわずらわしく感じる場面が多かったのでストレスフリーな作業を行うためにも無線タイプをおすすめします。

ただし無線タイプは安物だと音が途切れたりノイズが入ったりするのでレビューを読んで品質をチェックしておきましょう。

あまり予算がなく、安くて通話が安定したヘッドセットが欲しい場合は有線のヘッドセットを選びましょう。

イヤホン型かヘッドホン型か

イヤホン型とヘッドホン型には両方にメリットデメリットがあるので好みで選びましょう。

イヤホン型の特徴

イヤホン型のメリット
  • メガネをかけていてもこめかみが痛くならない
  • つけていても外部の音が聞こえる
  • 持ち運びしやすい
  • 蒸れにくい
  • 本体が軽いので長時間使用しても疲れない
  • 見た目がスマート
イヤホン型のデメリット
  • 種類が少ない
  • 遮音性が低い

ヘッドホン型の特徴

ヘッドホン型のメリット
  • 遮音性が高く没入感がある
  • 高音質
  • 低価格から高級品まで種類が豊富
ヘッドホン型のデメリット
  • メガネをかけているとこめかみが痛くなることがある
  • 長時間使用していると蒸れやすい
  • イヤホン型に比べて重い

イヤホン型とヘッドホン型の選び方

イヤホン型は本体が軽く、蒸れにくいので長時間の着用に向いています。

また、コンパクトで持ち運びしやすいので、カフェやコワーキングスペースなどで使用する場合にも便利です。

一方ヘッドホン型は遮音性が高く高音質なので周りの音を気にせず集中して作業することができます。

種類も多いため、自分好みのデザインやスペックを選べるのも嬉しいポイントですね。

ただしメガネをかけて長時間使用すると、こめかみが痛くなることがあるので注意が必要です。

どちらか一方が極端に優れているわけではないので、メリットデメリットを比較して自分に合ったほうを選びましょう。

テレワーク以外の使い方も考えて選ぶ

完全にテレワーク用として使用する場合はあまり音質を重視する必要はありません。

ですが、プライベートでも使用するなら用途にあった製品を選びましょう。

ゲームでも使いたいなら音の定位感が掴みやすく、長時間つけていても疲れにくいゲーミングヘッドセット。

映画や音楽鑑賞に使用する場合は、7.1ch対応で低音が響く密閉間のあるヘッドセットがおすすめです。

転売屋に注意

コロナウイルスの影響でテレワークを始める会社が増えています。

それに乗じてヘッドセットなどテレワークで使用するであろう機器を買い占めて定価より高い値段で売る転売屋が現れています。

いいなと思った商品でも買う前に定価を調べてから買うことをおすすめします。

なお、この記事で紹介している商品は記事執筆時点でAmazonに定価で在庫が残っている商品のみを紹介しています。

おすすめのヘッドセットランキング

Glazata Bluetoothヘッドセット EC200

2000円から購入できる格安BluetoothヘッドセットEC200

連続通話時間30時間という小さいながら大容量のバッテリーを搭載しており、抜群の持久力を誇ります。

音質は価格相応ですが、通話音質のクオリティを上げるノイズキャンセリング機能を搭載しているので低価格帯のワイヤレスヘッドセットの中ではノイズは少なめです。

音楽鑑賞などには不向きなので、あくまで通話専用ヘッドセットとして使うための製品と思っておきましょう。

本体重量は13gと脅威の軽さで長時間つけていてもまったく疲れません。

黒一色のシンプルなデザインで外出先や移動中の通話でも使いやすいです。

ただし、PCにBluetooth機能がついていない場合は別途レシーバーの購入が必用になります。

ロジクール ヘッドセット パソコン用 H600r

キーボードやマウスなどPC周辺機器の大手メーカーLogicoolのヘッドセット。

USB式ワイヤレスレシーバー付属なので、これ一つ買うだけでBluetooth非搭載のPCでもワイヤレス通話環境が整います。

専用レシーバーなので同価格帯のBluetooth接続のワイヤレスヘッドセットより高音質で途切れにくい音声を聞くことができます。

収納可能なマイクはノイズキャンセリング機能搭載なので相手にも聞き取りやすいクリアな音声を届けられます。

電源オンオフ・通話音量調整・音声ミュートがヘッドホン側で行えるので操作もストレスフリー。

折り畳んでコンパクトにまとめることもできるので持ち運びにも便利です。

多少値は張りますが、3年間のメーカー保証がついているので安心して使うことができます。

サンワサプライ マルチメディアPCヘッドセット MM-HS515SVN

とにかくテレワーク用の安いヘッドセットが欲しい! という人はサンワサプライの格安ヘッドセットがおすすめです。

1000円以下という低価格でヘッドセットとして最低限の機能と品質を維持しています。

しかし音質もマイクも値段相応のクオリティなので、短期間のテレワーク用と割り切って購入しましょう。

ヘッドホン型ですが、オープンイヤータイプなので密閉されず、遮音性は低いです。

作りはチープな感じがありますが、その分軽いので長時間使用しても疲れません。

Razer Kraken X

テレワークだけではなく、「家でゲームをする際にも使いたい」という人はゲーミングデバイスメーカーRazerのゲーミングヘッドセットKraken Xがおすすめです。

ゲーミングヘッドセットですが黒一色で派手さはなく、ぱっと見では普通のヘッドホン型ヘッドセットにしか見えません。

ゲーミングヘッドセットだけあって性能は高く、7.1ch対応で映画鑑賞やゲームでも迫力のある音を聴くことができます。

また、柔軟に折り曲げられる単一指向性マイクで周囲の雑音やノイズが入りにくく、聞き取りやすく地声に近い音声を取り込んでくれます。

長時間の使用でも快適に着用できるよう、ヘッドパッドとイヤーパッドで圧力を分散し、疲労を軽減してくれます。

マイクミュートと音量調整がイヤーカップ下にあるので手軽に調整しやすいのも嬉しいポイント。

テレワークにおすすめのヘッドセットまとめ

ヘッドセットと一口に言っても有線・無線、音質のクオリティ、想定されている用途と種類は千差万別です。

テレワークの期間や使用頻度、プライベートでの使用方法など自分のライフスタイルと合ったヘッドセットを選んで後悔のない買い物をしましょう!

ヘッドセット以外にもないと仕事にならないものから、あると作業が捗るものまでテレワークで便利なものはたくさんあります。

以下の記事でテレワークにあると便利なグッズをまとめているので読んでみてください。

カテゴリー:
関連記事